せまい庭でもいろいろ家庭菜園

ブルーベリーの葉の色が白い、葉脈が浮き出てきた時の対処方法。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、みにさんです。

ブルーベリーの栽培時、葉の色が抜けて白くなってきたり、葉脈が浮き出てきた場合の対処方法について解説します。

生理障害クロロシス

ブルーベリーの葉の色が抜けて白くなってきたり、葉脈が浮き出てくるのは、クロロシスという現象で、生理障害の一種です。土中のマグネシウム不足や土壌がアルカリ性に傾くことでマグネシウムの吸収ができにくくなることが原因で起こります。

葉緑素が作られていない状態なので、光合成ができないため、株が衰えてしまいます。

そもそも土壌がアルカリ性になる理由

ブルーベリーは酸性の土壌を好む植物です。日本では雨が多く、土壌は酸性に傾くため、特に石灰などを施さなければアルカリ性になることはありません。

ですが、ある肥料を施すと土壌がアルカリ性になってしまう場合があります。

それが『あぶらかす』です。

『あぶらかす』は、土壌内での分解過程で『アンモニアガス』を発生させる場合があります。そして、このアンモニアガスが土壌をアルカリ性に傾ける原因となります。

『あぶらかす』は昔から野菜作りにおいて使用される効果的な肥料ですが、ブルーベリー栽培においては使用は控えた方が良いでしょう。

クロロシスの対処方法

クロロシスの対処方法としては、施肥と植え替えがあります。それぞれ詳しく解説していきます。

1 施肥

ひとつめの対処方法はマグネシウム入りの肥料を与え、マグネシウムの欠乏を補います。施肥方法は支柱などを使い穴をあけ中に肥料を入れる方法や、上からばら撒いて軽く耕すなどで行います。穴をあけた覆土には少しでも酸性によせるためにピートモスを使うといいでしょう。

手に入りやすいマグネシウム入りの肥料です。

株まるごと真っ白だったのが、施肥後3ヶ月、まだ白い部分がありますが徐々に緑色に戻ってきました。

2 植え替え、土壌改良

ふたつめの対処方法は植え替えを行い、その際にピートモスなどを加え、土中酸度を酸性に寄せてあげることです。

ただ、気温が上昇時に植え替えを行うと、株にかなりの負担を与えてしまうので、植え替えは11月~3月に行います。

まとめ

クロロシスは生理障害の一種で、土中のマグネシウム不足や、土中酸度がアルカリ性に傾くことでマグネシウムの吸収ができにくくなることで発生します。ただ、クロロシスが発生したからといって、すぐに枯れるというものではありませんので、落ち着いて対処しましょう。

その他、ブルーベリーの栽培についてまとめてありますので、チェックしてみてください。

狭いスペースでもOK。プランターで育てるブルーベリーの栽培方法を元ブルーベリー畑管理人がわかりやすく解説。元ブルーベリー畑管理人がプランターを使ったブルーベリーの栽培方法を解説。苗選びから管理のコツまで初心者にもわかりやすく解説します。...
【ブルーベリーの剪定方法】時期やコツなどわかりやすく解説します。ブルーベリーの剪定方法を解説します。コツや時期など初心者にもわかりやすく、画像もまじえながら解説します。...
樹勢回復&実付きUP!鉢植えブルーベリーの【鉢替え】方法を解説。プランター栽培のブルーベリーの鉢替え方法を解説します。放っておくと根詰まりをおこし、株が弱まったり、実付きが悪くなったりしますので2~3年に1回は鉢替えを行うようにします。...
元気のないブルーベリー。生育不良の原因と対策。地表に問題がなければ土の中を調べてみましょう。なんとなく様子がおかしい元気のないブルーベリー。原因は土の中にあるかもしれません。ブルーベリーはネキリムシ(コガネムシの幼虫)にご用心!...

以上参考になればうれしいです^^ありがとうございました。