せまい庭でもいろいろ家庭菜園

狭いスペースでもOK。プランターで育てるブルーベリーの栽培方法を元ブルーベリー畑管理人がわかりやすく解説。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。みにさんです。

今回はプランターを使ってのブルーベリーの栽培方法について解説します。ブルーベリーの栽培には広い土地や畑は必要ありません。少し大きめのプランターがあればたくさんの収穫が可能です。

私は以前ブルーベリー畑の管理をしていたこともあり、その経験も踏まえて、初心者の方にもわかりやすくプランターを使ったブルーベリーの栽培方法について解説します。

ブルーベリーの苗選び

ブルーベリーは系統が3種類にわかれており、それぞれ性質が異なりますので地域に合ったものを選びます。極端に暑い寒いがなければどれを選んでも問題ありません。

  ブルーベリーの系統

~ラビットアイ系~

寒さに弱く暑さに強い 収穫の目安7~8月  樹高は大きくなるものが多い  多産種が多い

~ノーザンハイブッシュ系~

暑さに弱く寒さに強い 収穫の目安6~7月  樹高はコンパクト  粒の大きいものが多い

~サザンハイブッシュ系~

寒さに弱く暑さに強い 収穫の目安6~7月  樹高はコンパクト  粒の大きいものが多い

系統を決めたら品種を選びますが、ホームセンターでもブルーベリー苗の品揃えは豊富で、簡単に手に入ります。たくさんの品種があり迷いますが、解説(甘さ、酸味、実の大きさなど)が載っているタグがついていますのでそれを参考に好みで選べば大丈夫です。どれにしようか考えるのも楽しみのひとつです。

またラビットアイ系は自家受粉しにくいので必ず同系のもの2品種以上で育てましょう。ハイブッシュ系は1本でも結実しますが、2品種以上で栽培したほうが実付きがよくなります。同系のもの2品種以上で栽培することがポイントです。

我が家ではノーザンハイブッシュ系のエリザベス・ブリジッタ・デュークという3品種を栽培していますが、微妙に収穫時期がずれるので長期間収穫楽しめます。

我が家のブルーベリー6月の様子。

ブルーベリーの植え付け時期

ふつう樹木の植え付けは休眠期に入る11月から3月くらいにかけて行いますが、ブルーベリーの植え付けもこの時期に行います。ただし気温がぐっと下がる1月2月は避けた方がいいでしょう。寒冷地では根が傷む恐れがあるので3月植えの方が無難です。

ブルーベリーの植え付け

プランター選び

1つのプランターに1株植え付けます。プランターは20L~35Lのものがおすすめです。大きすぎると場所もとり、植え替えの時や移動させる時に苦労するので、お家のスペースに合ったものを選びましょう。

土は園芸用培養土とピートモスを3:7で合わせたものもしくはブルーベリー専用土を使用します。注意することは、ブルーベリーは酸性の土を好みますので、ピートモスは必ず酸度未調整のものを使用してください。袋に『酸度未調整』と記載されています。ブルーベリーの土であればそのまま使えます。

肥料

元肥・追肥は化成肥料(野菜の肥料)もしくはブルーベリー専用肥料を使います。注意するのは化成肥料の中には苦土石灰が含まれているものがありますが、土壌がアルカリ性に傾いてしまうので苦土石灰が含まれているものは避けましょう。

植え付け

プランターの底に赤玉土の大粒を5㎝ほど敷き、その上に土と化成肥料2にぎりくらいを混ぜたものを入れ植え付けます。植え終わったら水をたっぷりあげます。

60㎝くらいの苗であれば、秋植えをした場合、翌夏から収穫可能です。

1年目は花を早めに摘み取り実をつけさせずに株を充実させるという方法が紹介されている場合がありますが、経験上、1年目に実をつけさせた場合でも2年目以降も普通にたくさんの実をつけてくれましたので、特に1年目の収穫を諦める必要はないかと思います。

ブルーベリーの管理方法

水やり・肥料

半日陰でも大丈夫ですが、日光を好みますので日当たりの良い場所がベストです。水やりは表面が乾いたらたっぷりと与えます。目安はプランターの底から水が流れるくらいです。特に夏の乾燥には注意します。

肥料は6月くらいに1回、収穫後の8~9月に1回、化成肥料を表面にまいて、軽くまぜます。また3月くらいに元肥として化成肥料を与えます。

2年目の元肥

株の周り3ヶ所にすき間を作り、肥料を入れて埋め戻します。根が張っている場合は根が切れてもかまわないので少し強引にすき間を作りましょう。

植え替えは2~3年に一回行います。複数の鉢を管理している場合は、1年ごとに1鉢ずつ植え替えする方法であれば、一回の手間も1鉢で済むので楽チンです。

樹勢回復&実付きUP!鉢植えブルーベリーの【鉢替え】方法を解説。プランター栽培のブルーベリーの鉢替え方法を解説します。放っておくと根詰まりをおこし、株が弱まったり、実付きが悪くなったりしますので2~3年に1回は鉢替えを行うようにします。...

病害虫 

病害はほとんど心配ないと思いますが、害虫はコガネムシが実を食べに来ることがあるので見つけたら捕殺します。コガネムシは夜行性なので早朝や日没後によってきます。

コガネムシに食べられた実。

またコガネムシの幼虫もよく発生します。株が成長しなくなったり、弱まってきたら、土中にコガネムシの幼虫がいる可能性があるので、掘り起こして捕るか、ダイアジノン粒剤を散布して退治します。

元気のないブルーベリー。生育不良の原因と対策。地表に問題がなければ土の中を調べてみましょう。なんとなく様子がおかしい元気のないブルーベリー。原因は土の中にあるかもしれません。ブルーベリーはネキリムシ(コガネムシの幼虫)にご用心!...
家庭菜園向けの殺虫剤をまとめました。
【保存版】菜園・家庭菜園・プランター菜園、果樹などの害虫に使える、便利な殺虫剤おすすめ15選菜園・家庭菜園など野菜作りや果樹栽培に使えるおすすめの殺虫剤をまとめました。農薬・薬剤は正しく使えば作業を効率的にしてくれる強い味方です。...
ブルーベリーに発生する生理障害の対処法。
ブルーベリーの葉の色が白い、葉脈が浮き出てきた時の対処方法。ブルーベリーの葉の色が抜け、白くなったり、葉脈が浮き出てくるのはクロロシスという生理現象です。その対処方法について解説します。...

鳥対策

野鳥もブルーベリーが大好きなのですぐにやってきて実を食べられてしまいます。防虫ネットをかけ予防します。

支柱を差して防虫ネットを上から被せて、洗濯バサミでとめておけばオーケーです。

剪定

ブルーベリーの剪定は12~3月に行います。枯れ枝を切ったり不要な枝を取り除いてあげます。

【ブルーベリーの剪定方法】時期やコツなどわかりやすく解説します。ブルーベリーの剪定方法を解説します。コツや時期など初心者にもわかりやすく、画像もまじえながら解説します。...

我が家のブルーベリーの2月の様子。新芽が膨らんでいる状態。

まとめ

ブルーベリー栽培の大切なポイントは3つです。

❝土作り❞ ❝系統選び❞ ❝2品種以上植える❞

このポイントをおさえておけば大きく失敗することはありません。

果実をつけた株は見た目も清涼感があり、秋に葉が紅葉する品種もありますので観賞用としても楽しめます。プランターであればベランダ等での栽培も可能ですし、移動も楽ちんです。もちろん地植えでの栽培も可能ですので、お家のスペースを利用して、自分に合ったスタイルでブルーベリーの栽培を楽しみましょう。

以上参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました。